• NeLSとは
  • 自分のペースで学習
  • 初心者にやさしい
  • 安心のサポート
  • 学習状況を見える化

苦手を集中的に学習できるから、成果が見えるから、続けられる

学習結果の統計・分析

学習結果の活用

学習結果は全てシステムに蓄積され、統計結果や分析結果を、履歴表やグラフで確認することができます。
統計結果や分析結果を活用すれば、学習を効果的に進めることができます。

たとえば...

  1. ・カリキュラムの目標ペースが表示されるので、遅れないように進められる
  2. ・苦手分野を把握して、重点的な学習に取り組める
  3. ・正答率も解答時間も、折れ線グラフで見えるから、自分の変化が見て取れる
  4. etc

表示できる統計情報

統計・分析の対象として、次のような情報を確認することができます。

  1. ・テスト結果
  2. ・カリキュラムの進捗
  3. ・学習時間
  4. ・分野別の学習状況
  5. ・問題の正答率
  6. ・平均解答時間

折れ線グラフの例

統計情報として表示される折れ線グラフのサンプルです。
折れ線グラフは、表示する範囲を、30日間、90日間、180日間の範囲から選択できます。

テスト結果の統計

例) テスト結果の統計

前へ 次へ
  • NeLSとは
  • 自分のペースで学習
  • 初心者にやさしい
  • 安心のサポート
  • 学習状況を見える化